スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックすると今年はクソゲーに出会わない魔法にかかるかも・・・↓

にほんブログ村 ゲームブログへ

カテゴリー: スポンサー広告

本年中に発売決定!オープンワールドRPG「キングダムズ オブ アマラー:レコニング」

スパイク・チュンソフトがオープンワールドRPG「キングダムズ オブ アマラー:レコニング」の
日本語版を2012年内に発売すると発表したらしいっす。

KOAR.jpg


ティザートレイラー


ローカライズは英語音声、日本語字幕。
表現方法は海外版と差異無しとのこと。


オープンワールドで構築された壮大なフィールド
本作の舞台となる世界には、森林・平原・砂漠・沼地・荒野など特徴豊かなさまざまなフィールドが存在。
4つの大都市、無数の町や村、100以上のダンジョンなど、探索要素も豊富に兼ねそろえている。
メイン・サイドあわせて200を越えるクエストを収録し、圧倒的なゲームボリュームを実現。


アクション要素満載のコンバットシステム
RPGとしては異色なまでに戦闘のアクション要素にこだわり、
その結果、緊迫感と爽快感を兼ねそろえた自由度の高いアクションコンバットシステムが完成。
攻撃方法は武器の種類ごとに大きく異なり、そこに特殊攻撃や魔法が加わることで、
プレイヤーは自由に戦闘スタイルを構築することができる。


運命を切り開くディスティニーシステム
本作ではプレイヤーのプレイスタイルに応じて、キャラクターを柔軟に成長させることが可能。
また、敵を倒すとランダムにドロップされる武器や防具、
そして強力な性能のレア装備品を組み合わせることで、キャラクターの可能性は無限大に広がる。


R・A・サルバトーレによる緻密なファンタジー世界
「アマラー」の世界には実に1万年の歴史が設定され、
その世界観は著名なファンタジー作家であるR・A・サルバトーレの緻密な構想に基づいている。
プレイヤーはゲームの中でさまざまな人々と会話をし、知識を集め、時には敵対し、ストーリーをすすめる。


トッド・マクファーレンによるアートディレクション
スパイダーマン(Spider-Man)を描き、スポーン(Spawn)を生み出したアメコミ作家トッド・マクファーレンが、
本作の背景やモンスターなどのアートワーク、さらにはバトルアクションの総監修を担当。


公式サイト:http://www.spike-chunsoft.co.jp/reckoning/


なんか面白そうなのキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

てかスパイク・チュンソフトってたまにこんなんしてくれますよね。
今、日本のゲーム関連の会社の中で一番好きかもしれない・・・

関連記事
↓クリックすると今年はクソゲーに出会わない魔法にかかるかも・・・↓

にほんブログ村 ゲームブログへ

カテゴリー: 気になったニュース | タグ: 新作 オープンワールド RPG | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


PR
ブログランキング
クリックしていただけると、今月はクソゲーに出会わなくなる魔法がかかるとか、かからないとか・・・

FC2Blog Ranking



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

ぼっちだけど、つぶやくよ
新着記事
カテゴリ
タグ

RPG オススメ 新作 オープンワールド キャラクリエイト FPS 2ch アクション TPS レビュー ハクスラ ゲームの話題 ダウンロードコンテンツ ロマンス フリーズ バグ サントラ こだわり ホラー ネタ お知らせ 雰囲気ゲー 

ブックマークはこちらから
PR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。